相席居酒屋でナンパした仲良し2人組をお持ち帰り。コソコソHしていると隣の部屋にいるガードの堅い女友達はヤラせてくれるか27



こういうご時世で大人数でワイワイ飲み会できないので、少人数での出会いを求めている男女が急増中みたいです。しかも、自粛ムードで男も女もムラムラの発散場所を求めて彷徨ってるって話です。こういう時は相席居酒屋に行けばいつも以上にエロい女子と巡り逢える確率高しって意気込んで行ってみたら、案の定バイブスぶち上がり女子と相席できましたっ!しかも2組で計4名!楽しくお酒飲んでセックスできたら気分も晴れるでしょ。



作品詳細

女優名
レーベル 変態紳士倶楽部
監督
価格 1,980円
商品番号 club00612

関連記事

新着アダルト動画サンプル

コメント

    • 匿名
    • 2020年 6月 08日

    奏音かのん&朝日しずく。
    相席居酒屋でチャラ男にナンパされ自宅に連れ込まれる2人。若い男女4人がいたらヤルことは決まってます。
    超かわいいJ系制服に着替えたヤリマン設定の奏音かのんが紫色髪チャラ男と見せつけベロチュウ。さらに飲んでキマってきたところで奏音かのんと紫髪が隣室に移動しベロチュウでおっ始めます。
    ベロチュウ乳舐めで感じ始めた奏音が喘ぐとダイニングのガード固い設定・朝日しずくも発情してきて薄髪男とベロチュウ。
    奏音が紫髪をフェラにかかったところで、朝日はパンティの上からオマンコを触られガード固いのに微かに喘いでしまいます。
    朝日しずく、美咲かんな似でメチャカワです!
    薄髪のチンポをフェラする朝日。
    ベロチュウしながらオマンコぬちゅぬちゅされ感じる朝日の喘ぎ声を聞きながら、奏音は紫髪チャラ男に正常位でぶち込まれます。
    奏音(J系チェック柄)、朝日(私服)ともスカート着衣での行為激エロ!
    だいしゅきホールドでヨガる奏音の喘ぎ声に発情した朝日も薄髪に立ちバックでぶち込まれます。私服スカート着衣ハメ激エロ!
    パンティ半脱ぎで右太腿ひっかけという激エロシチュでベロチュウ騎乗位する奏音とスカート着衣で犯●れる朝日。これはエロい!
    同部屋に移動し、お互い「何やってんの?」と恥じる女子2人。セックスに決まってます(笑)。
    奏音のスカート着衣騎乗位と朝日のスカート着衣立ちバック激エロ過ぎ!
    紫髪に立ちバックで犯●れる奏音かのん。制服スカート着衣ハメ激エロ。堪らん!
    朝日しずくのスカートを脱がしたのはマイナスも薄紙の激ピス最高。紫髪は以外にもピス速遅い。
    薄髪に突かれる朝日しずくの方が気持ちよさそう。
    薄髪が正常位から口射。紫髪も奏音に大量顔射!これは良かった。
    2人とも事後ザーメンベロチュウして欲しかった。

    大浦真奈美(安定美人)&青山悠(激美人)
    相席居酒屋でガチ良いした2人がまた紫髪チャラ男宅に連れ込まれヤラれまくります。
    大浦真奈美は安定の美人度だが、青山悠のスレンダー美脚美顔が素晴らしい!メチャ美人です。
    紫髪と大浦。薄髪と青山悠がヤりまくり。
    青山悠の美貌にゾッコン!素晴らしい。今後の活躍が超楽しみです。
    薄髪に立ちバックで激ピスされアヘ顔も超美人の青山悠。素晴らしすぎる。

    偽汁ファンタジー中出しでなく本物精子顔射。変態紳士倶楽部さん今後も顔射でお願いします。

    • 匿名
    • 2020年 8月 11日

    長いこと待ってました。26から今作27までの空白期間の長いこと長いこと!
    約2年近くぶりに新作でした。

    パターンが変わって来ました。
    最初の相席屋での男の1人が帰り、一方の家に着いてから別の男を呼び出し、
    「イガグリ頭くん男優」が登場と言う…?
    こいつ、後から来てヤレルだけのラッキー男に(笑)
    それにしても何年たっても短髪の髪型変わらないなぁ。少しは髪伸ばして男としての努力はしないのかな。

    前半後半の組とも同じパターンにしているが、
    2組とも、相席屋では見た目と会話のリードさでいくとこっちが積極的で先に始める女優なのかなぁと思った方ではない方の女優さんが、絡みのシーンでは実は先に始まるエロい方で、
    「こっちかぁ!」とギャップになかなか楽しませてくれました。

    特に2組目の女優は「まさか」という感じで、おとなしめの方が積極的でエロく、
    そして見た目は「あんた」なんだがと思ってた女優さんは、
    逆に声や感じ方が全くエロさが足りない。絡みでは積極的の方はとても良かったです。

    全般的に「待ってました」という一言です。
    訳のわからんVRとかの作品は要らないから
    (VRはVRにする為にどうしても目線やカメラ割がワザとらしくなってつまらない)、
    普通にこのシリーズをコンスタントに継続して欲しいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最新のコメント

アーカイブ

おすすめリンク

ページ上部へ戻る